高倉ふるさとづくりの会

高倉ふるさとづくりの会は、
高倉の住民が知恵を出し合い、協力し合って高倉のふるさとづくりを進めることにより、地区住民の絆を深め、併せて地区の活性化を図ることを目的に、平成13年、高倉地区全住民をもって構成する団体として設立しました。平成14年には、豊かなむらづくり全国表彰において農林水産大臣賞を受賞しました。
令和4年の主な活動

5月26日(日)
〇飯盛川とその周辺の草刈り
まだ6月なのに翌日には関東地方でも梅雨明け宣言が出されるという異常気象の中、
飯盛川とその周辺の除草作業を行いました。
川の中は胴長を着て、生えている植物を手で抜いたり、鎌で切ったりしながら川の流れを確保。
周辺は機械を使って効率よく刈りました。
川の中も周辺も雑草でいっぱいでしたが、だいぶっすっきりしました。
(写真がなくて残念(>_<))

5月8日(日)
〇飯盛川周辺と農業交流センターのこいのぼりを下ろしました。
〇 こどもの日が終わり、1か月以上にわたって空を泳いでいたこいのぼりを下ろしました。
高倉ふるさとづくりの会の会員23名、市役所から2名、農業交流センターから2名が参加し、
スムーズに片付けが終わりました。
来年はコロナ禍が落ち着き、菜の花祭りも含めて行えることを期待しています。

4月26日(火)
〇飯盛川周辺の菜の花畑の草刈りを行いました。
〇 ところで前日25日(月) 19:00から放送されたTBSテレビの冒険少年という番組の中で
菜の花畑が映り、高倉ふるさとづくりの会の関口会長が出演していたのはご覧になられましたか。
見逃した方は残念 (>_<)

3月27日(日)
〇飯盛川周辺と農業交流センターにこいのぼりを設置しました。
〇 菜の花畑の上で風を受け、元気よく泳いでいました。
  

PAGE TOP